行政書士 加藤智成事務所のブログ

ナンバー再発行の手続き

2017年7月8日

自動車ディーラーさま、整備工場さま、板金・リペア業者様からご注文を頂いております!!
交通事故や、修理中にナンバーが破損した時にナンバープレートを作り直します
(文字と数字が判別の可否で手続き手順が変わります)

 ナンバープレートの再発行の手続きは「同番再交付」と正式には呼ばれます。

当事務所で実際にご注文いただいた案件の一例です
a) 白ナンバーで光るナンバープレートでは無い(緑の営業用では無い)
b)ナンバープレートの大きさは中板(いわゆる乗用車に装着するサイズ)
c)ナンバープレートが破損していても・・・
・地名(浜松とか名古屋の文字のこと)が読み取りできる
・全ての数字が読み取れる
・ちぎれて無く欠損していない
(ちぎれて無くなっていると別の番号での「番号変更」手続きになります!! その際はリアナンバーの封印し直しになります)
d) 車検証のコピーがある
e)フロント側へ装着するナンバーである

ポイントは?

1) 破損したナンバープレートが陸運支局へ返却できること (盗難や紛失の時は違う手続きになります)
2) ナンバープレートの全ての文字・数字が読み取れること (ナンバープレートの一部が無くなっていたりすると手続きが別の番号で「番号変更」となります)
3)フロント側のナンバープレートを再発行は車検証のコピーとナンバープレートの返却が必須ですが、
リアナンバープレートの場合は、封印が必要になりますので陸運支局へお車の持ち込みが必要になります
4) ナンバープレートの再発行の手数料は・・・
中板(普通乗用車・軽自動車サイズで光らないもの)・・・1枚720円
大板(大型トラックに装着で光らないもの)・・・1枚980円
 ※光るナンバープレート(字光式)は料金が変わります。
5) 完全オーダーメイドなので、土日祝日を除いた4営業日がかかります (申込した日と受取に行く日は、異なります!)

 当事務所の報酬は?

5,500円+ナンバーの代金(枚数によります)

 

破損の状況・ナンバープレートの位置がフロント・リアなど条件によって手続きが変わります。まずはご相談のお電話をお待ちしております。行政書士がご相談を承ります!
(車検証のFAXをお送り頂くと少しでも早く手続きが開始できます!!)

詳しくはこちらへ→お問合せページ

車庫証明/登録業務


行政書士加藤智成事務所のサービス案内

  
  

行政書士加藤智成事務所へのお問い合わせ